文字を食べる

読書備忘録ブログです。

MENU

【青空文庫を読む】アンデルセン童話

f:id:mogumogu101:20210201130804p:plain

 「青空文庫読もうよキャンペーン」(一人で楽しく開催)をしていたときに読んだものの自分用の覚書。大体一言感想です。
 ※50音順。

アンデルセン童話

『赤いくつ』

赤いくつ

赤いくつ

www.aozora.gr.jp

 知らない終わり方だった。しかし、いつ読んでも切り落とされた足が靴はいたまま踊りくるっている様子はホラーです。
(2013/10/19)


『おやゆび姫』

www.aozora.gr.jp

 意外と長い話だったんだなあ。ツバメ切ない。おやゆび姫に贈られた羽がハエの羽…。ラストのデンマークに住む童話を書くおじさんとはアンデルセン自身のことだろうか。
(2013/10/21)


『しっかり者のすずの兵隊』

www.aozora.gr.jp

 ちょっと切ない童話。兵隊が燃やされたあとに、ハートのすずのかたまりが落ちていた、という部分がなんともいえない。
(2013/10/21)


『はだかの王さま』

www.aozora.gr.jp

 詐欺師はどんな気持ちで、ない服を作る振りをしていたんだろうかと考える。王様たちのこと、どう思ってたんだろう。
 自分が馬鹿だと認めるのはそんなに怖いことなのかな? と思うけど、誰かにそう思われるのはちょっと嫌かもしれないですね。
(2013/10/10)


『マッチ売りの少女』

www.aozora.gr.jp

 これを読むと毎度気持ちが沈みます。救いがあったような、何もなかったような…。
(2013/10/15)


『醜い家鴨の子』

www.aozora.gr.jp

 菊地寛の訳。異物にはどこでも手厳しい…。最後ちゃんと報われるのはほっとします。
(2013/10/15)


雪の女王 七つのお話でできているおとぎ物語』

www.aozora.gr.jp

 なんでか昔から好きな話。色んな形で何度も読んでる気がする。ゲルダの涙でカイに刺さった氷がとける、というのがいい。
(2013/01/20)