文字を食べる

自分用の読書備忘録ブログです。

MENU

【青空文庫】夢野久作作品 読了記録 その1

 ひとり「青空文庫読もうよ期間」に読んだものの覚書。頓珍漢な感想かもしれない。 大体どれも10分以内に読めると思われる。五十音順。 すぐ読めるように、青空文庫のリンクも貼ってあります。

夢野久作作品(別名義作品あり)

『医者と病人』

www.aozora.gr.jp

 もう助ける薬はないのに、2、3日後に死ぬ毒薬がほしいという病人。とても短く思わずぽかんとしてしまうが、よくよく考えると…。
(2017.03.09読了)


『梅のにおい』

www.aozora.gr.jp

 ホーホケキョ。思ったのと違った。猫とウグイスの話。
(2017.03.10読了)


『鉛筆のシン』

www.aozora.gr.jp

あなたの心をもっといいのにとりかえなくちゃ、いくらいい鉛筆を買ってもダメです。
 鉛筆からのマジレスが痛い…。
(2017.03.10読了)

『お金とピストル』

www.aozora.gr.jp

  泥棒とケチンボのコントのような話。軽くておもしろい。
(2017.03.10読了)


『がちゃがちゃ』

www.aozora.gr.jp

 がちゃがちゃはくつわ虫の鳴き声。虫の音楽会に乱入したくつわ虫の顛末は…。くつわ虫ってそんなにうるさいのか。
(2017.03.10読了)


『先生の眼玉に』

www.aozora.gr.jp

 悪い子には当然の報い(おしおき)というやつか? 悪太郎という名前がいかにもって感じ。降ってくる雪が砂糖になったら、塩になったら、どうしようかな。
(2017.03.10読了)


『狸と与太郎

www.aozora.gr.jp

 狸が化けた化け物は怖くないのに、狸は怖い。理由は「化ける」から。短いけど、なんともいえないおもしろさがある話だった。
(2017.03.09読了)


『ドン』

www.aozora.gr.jp

 タイトル、なんか不穏…と思ったけど、読んで納得。楽しいお昼になってなにより。
(2017.03.09読了)