文字を食べる

読書備忘録ブログです。

MENU

岡田淳『ふしぎな木の実の料理法 こそあどの森の物語』

ふしぎな木の実の料理法 (こそあどの森の物語 1)

ふしぎな木の実の料理法 (こそあどの森の物語 1)

  • 作者:岡田 淳
  • 発売日: 1994/12/01
  • メディア: 単行本

内気なスキッパー少年の所に届いたのは固い固い”ポアポア”。その料理法をめぐって森じゅうのみんなが知恵をしぼりますが…。
https://www.rironsha.com/book/00611


 小学生の頃に読んだことがあるのですが、内容あんまり覚えてなくて、新鮮な気持ちで読みました。挿絵がすてき! みんなの家の図は見てるだけでわくわくしてしまいます。

 ゆでてもダメ、炒ってもダメ、焼いてもダメだし、切ることもできない…。一体ポアポアの実はどうやって料理するんだろう。こそあどの森の住人たちと一緒に、こっちまで真剣に考えてしまいました。なので、思いがけないポアポアの料理法には笑ってしまいました。なるほど!
 舞台が冬から春にうつるにつれて、スキッパーの閉じた心も開いていくのがいいですね。あったかい気持ちになりました。そして、みんなが飲んでいた紅茶がおいしそうでした。マサカ、ナルホドがスキッパーにごちそうしたスープもおいしそうでした。
 シリーズということで続きも読みたいなあと思っています。こそあどの森いいなあ。