文字を食べる

読書備忘録ブログです。

MENU

岡田淳『まよなかの魔女の秘密 こそあどの森の物語』

まよなかの魔女の秘密 (こそあどの森の物語)

まよなかの魔女の秘密 (こそあどの森の物語)

  • 作者:岡田 淳
  • 発売日: 1995/04/01
  • メディア: 単行本

あらしが通りすぎた朝、スキッパーは森のおくで珍種のフクロウをつかまえました。同じ朝、愛妻家のポットさんがゆくえ不明に…。
https://www.rironsha.com/book/00612


 魔女という言葉がなんだかわくわくさせますね。今回もおもしろかった!
 ポットさんとトマトさんの夫婦の絆がよくわかる話でした。それにしても、トマトさんとトメイトウさん(英語読みに気づいて少し笑いました)はどういう関係なんでしょう。ただの二重人格ってわけでもないでしょうし。トマトさんに対する謎が増えたというか。しかし、ポットさんには悪いけど、ジバシリフクロウ姿かわいかったです。