文字を食べる

読書備忘録ブログです。

MENU

森博嗣『工学部・水柿助教授の日常』

水柿君はN大学工学部の助教授。水柿君にはミステリィ好きの奥さんがいる。彼は身の回りで起こる毎日の不思議を奥さんに披露するのが日課だった……。ほのぼのとした、日常の謎ミステリィ
https://www.gentosha.co.jp/book/b4675.html


 大学で助教授をしている水柿君の身の回りで起こった出来事なんかが書かれているんですが、読んでいる時にこの小説がフィクションだったのかエッセイだったのか度々忘れそうになりました。所々で過去にあった出来事をそのまま綴ってるような感じに書かれてるように見えるんです。それが自然に感じるんです。おもしろい!
 この作品を読むにあたり、事前にS&Mシリーズ、Vシリーズなんかも読んでおくと(全部じゃなくてもいい)ちょっと楽しくなるかもしれません。ちょこちょこ登場人物たちの話題が出てくるので。