文字を食べる

読書備忘録ブログです。

MENU

坂木司『肉小説集』

肉小説集 (角川文庫)

肉小説集 (角川文庫)

  • 作者:坂木 司
  • 発売日: 2017/09/23
  • メディア: 文庫

凡庸を嫌い、「上品」を好むデザイナーの僕。正反対な婚約者には、さらに強烈な父親がいて――。(「アメリカ人の王様」)不器用でままならない人生の瞬間を、肉の部位とそれぞれの料理で彩った傑作短編集。
https://www.kadokawa.co.jp/product/321701000299/


 表紙の豚のイラストが可愛らしい一冊。この豚が目次になっているとは…。おもしろいですね。豚肉のそれぞれの部位を使った料理が出てくる小説集。
 出てくるメニューはどれもこってりめなので、全部読んだらなんだかしばらく肉料理はいいかな、という気分になりました笑 どの話も色んな味を出してておもしろかったのですが、個人的に「アメリカ人の王様」が好みでした。全然違う好み(価値観)を持っている者同士がお互いを理解し合おうとする、ちょっと温かな話でした。


収録
 武闘派の爪先
 アメリカ人の王様
 君の好きなバラ
 肩の荷(+9)
 魚のヒレ
 ほんの一部