文字を食べる

読書備忘録ブログです。

MENU

青井夏海『赤ちゃんをさがせ』

赤ちゃんをさがせ (創元推理文庫)

赤ちゃんをさがせ (創元推理文庫)

装画:ムラタユキトシ

(前略)見習い助産婦・陽奈の成長と、安楽椅子探偵の冴え渡る推理を描くユーモア・ミステリ第1弾。
(引用元 http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488431020


 助産婦さんたちが活躍する、日常の謎系のミステリー。その謎が「お母さんをさがせ」「お父さんをさがせ」「赤ちゃんをさがせ」と助産婦という仕事ならではの騒動でおもしろかったです。そして読後はほっこり!
 事件を解決する明楽先生の安楽椅子探偵っぷり、ベテラン助産師っぷりがかっこよかったです。陽菜と聡子さんのコンビもいい塩梅でよかったと思う。陽菜は元気がとりえって感じで、空回りっぷりもすごいけど、仕事に対して一生懸命で愛すべきキャラだと思う。