文字を食べる

読書備忘録ブログです。

MENU

細田守『おおかみこどもの雨と雪』

おおかみこどもの雨と雪 (角川文庫)

おおかみこどもの雨と雪 (角川文庫)

  • 作者:細田 守
  • 発売日: 2012/06/22
  • メディア: 文庫

絵:貞本義行

ある日、大学生の花は”おおかみおとこ”に恋をした。2人は愛しあい、2つの命を授かる。そして彼との悲しい別れ――。1人になった花は2人の子供、雪と雨を田舎で育てることに。細田守初の書下し小説。
(引用元 https://www.kadokawa.co.jp/product/201112000522/


 話題になっていたので気になっていたけど、結局見ることはなかった映画作品。その原作小説。ちょっとした理由があって読むことになったのですが、それがなければ手にとってなかったと思う…。

 映画の内容を知らなかったので、新鮮な気持ちで楽しく読みました。
 おおかみおとこの彼と花の恋の話は優しく温か。なので、二人の別れの場面は少し辛いものがありました。花の母として懸命に生きる姿には胸を打たれた。可愛らしかった雨と雪の成長はよかったけど、嬉しいような寂しいような複雑なきもちに。狼として生きるか、人間として生きるかの結果がラストに繋がるわけですが。
 少し寂しい終わりでしたが、優しい話でした。


★映画

おおかみこどもの雨と雪

おおかみこどもの雨と雪

  • 発売日: 2018/04/25
  • メディア: Prime Video