文字を食べる

読書備忘録ブログです。

MENU

コルネーリア・フンケ『どろぼうの神さま』

どろぼうの神さま

どろぼうの神さま

 訳:細井直子
 児童書だからと油断できない! 長編ですが読み出すと止められず、夢中になって読みました。  

内容

 大人になりたい子どもと、子どもになりたい大人と、ありのままていたかった人たちの、ドイツの冒険ファンタジー
 
 チューリヒ児童文学賞、ウィーン児童文学賞を受賞した作品。冒険に謎解き、わくわくするものがたくさんつまった話です。
 子どものときにはあって、大人になるとなくなるもの。大人にはあるのに、子どもにはないものってなんだろう。言葉では表現しづらいけれど、この本を読み終わったあと、なんとなくそれがなにか解ったような気がしました。
 小さいときに感じたことを忘れちゃいけないなあと思う。個人的に登場人物はプロスパーが好きです。おすすめの本です。