文字を食べる

児童書、YA向け(ライトノベル等含む)を中心とした読書備忘録ブログです。

MENU

アーシュラ・K.ル=グウィン『いちばん美しいクモの巣』

 絵:ジェイムズ・ブランスマン
 かわいいクモが登場する絵本です。長田弘さんの訳がまた素敵。

内容

 クモのリーゼ・ウェブスターの夢は世界でいちばん美しいクモの巣をつくること! 今日もリーゼは一生懸命にクモの巣を編み続ける。

 ぶっちゃけクモは嫌いなんですが、この絵本の主人公のリーゼはとってもキュート。イラストもあまりクモらしくないので、苦手な人も見るのにそんなに苦にはならないのでは。
 クモの巣なんてベタベタして気持ち悪い…と思っていましたが、見ようによっては確かに幾何学模様が美しいかも。雨の日なんかは雫がついてキラキラしているし。少しだけ考え方が変わりました。
 ル=グウィンといえば『ゲド戦記』だけど、こんな話も書いているんだなあ。