文字を食べる

読書備忘録ブログです。

MENU

有栖川有栖『高原のフーダニット』

高原のフーダニット (徳間文庫)

高原のフーダニット (徳間文庫)

本格あり、著者自らが言う「これまでにない異色作」あり。名探偵火村英生・作家有栖川有栖コンビの新たな醍醐味、全3編!
https://www.tokuma.jp/book/b512694.html


 中編集。比較的読みやすかった。どの話も違った特色を持ってるというか違ってて、それもまた良い。盛りだくさんな感じ。
 火村先生のシリーズものは初めて読みます。既刊読んでればもっと楽しめたかも。特に「ミステリ夢十夜」。色々出てきたキャラはシリーズに登場しているキャラだそうで。夢ならではな結構無茶な(反則というか)感じもあったけどおもしろかった。あと「高原のフーダニット」もキャラの性質がわかるような部分があったので、既刊を読んでたら抱いた感想が違ったかもしれない。シリーズ既刊もまた読みたい。こうして、読みたい本ばかり増えていく。


内容
 オノコロ島ラプソディ
 ミステリ夢十夜
 高原のフーダニット