文字を食べる

読書備忘録ブログです。

MENU

末國善己 編『刀剣 歴史時代小説名作アンソロジー』

 刀剣を扱った話を集めた時代小説アンソロジー
 山本兼一さんの村正の話(ちょうじ屋シリーズ)のみ既読でした。村正、虎徹、国広、来、粟田口…色々な刀の話が読めてよかったです。刀の魅力がいっぱいです!
 好村兼一の「青江の太刀」宮部みゆき「騒ぐ刀」が個人的に好きです。宮部みゆきのは収録シリーズが気になる。また読んでみたいな。
 やっぱり日本刀はいいなあ! としみじみ思う1冊でした。解説に刀剣乱舞の話題が出てて少し笑ってしまった。影響あるんだなあ。