文字を食べる

自分用の読書備忘録ブログです。

MENU

アンドレーア・ケルバーケル『小さな本の数奇な運命』

望月紀子/訳


 以前読んだ『図書室のキリギリス』(竹内真の作中に登場した本。興味を持ったので、こちらも読んでみました。
 最初はちょっと読みづらかったですが、長さが短めなこともあり、文体に慣れたあとは、さくっと読めました。
 内容をざっくりまとめると、一冊の本の今までの人生、本の持ち主の生活など、本が人に手をとってもらうまでの話を描いたもの。
 自分の本もどんな風に思ってるのかな、なんて考えてみたり。語り手である本がどういう本なのかとても気になります。訳者あとがきでも触れられてたけど、やっぱり架空のものなんでしょうか。


mogumogu101.hatenablog.com