文字を食べる

自分用の読書備忘録ブログです。

MENU

クリス・プリーストリー『モンタギューおじさんの怖い話』

デイヴィッド・ロバーツ/絵
三辺律子/訳

怖い話が聞きたい一心で,森はずれのモンタギューおじさんの屋敷に通うエドガー少年。彼が聞いた怖い話とは? ホラーファンタジー
理論社HPより


 森の外れに住むモンタギューおじさんの屋敷に、怖い話を聞きに訪れるエドガー少年。はじめは作り話だと思って楽しむエドガーだけど、だんだん雲行きが怪しくなってきて…。
 児童書だけど思ったより怖かった。救いもない。かわいいとはいえない、あまり子どもらしくないひねくれた登場人物たち。そんな子どもらに起こる悲劇。おじさんの書斎にある不思議な品にはどれも奇妙な物語がついていて…。
 ラストの「おじさんの物語」でこれまでの屋敷での奇妙なできごと、森でのできごとなども綺麗に回収。そういうことだったのかーと思いつつ、やっぱり怖いと思うのだった。
 挿画が物語の雰囲気にぴったりでとてもよかった。特に「額ぶち」が怖いと思った。

 訳者あとがきによると、作者はポーからブラッドベリまでホラーはたくさん読んで親しんできたそう。そんな著者だからこそできた物語なのかも。

収録内容とメモ

森をぬけて
 エドガー少年がモンタギューおじさんの家に行くまで。

ノボルノ、ヤメロ
 登ってはいけないニレの木に登る少年。

元ドア
 インチキ霊媒師が本当に幽霊を目撃し…

ベンチ飾り
 悪魔の像はそのときが来なければ手放せない。

ささげもの
 悪魔のともだち。

剪定
 りんごの木を剪定する目の見えないおばあさんの宝物をとってやろうとたくらむ少年だが…。

額ぶち
 額縁に入っているのは絵ではなく鏡…

精霊(ジン)
 精霊に魅入られた少年

毛布箱
 この家には幽霊が出る…その幽霊は。


 醜い魔物のようなものが少年を追いかけてくる。だが、魔物だと思っていたものは自分…?

おじさんの物語