文字を食べる

読書備忘録ブログです。

MENU

ヒュー・ロフティング『ドリトル先生と秘密の湖 上』

訳:井伏鱒二

ドリトル先生の一行は,大地震で生き埋めになってしまった太古の大ガメを救出します.助け出されたこのカメは,ノアの洪水のようすなど,大昔の地球の雄大な物語を語りはじめます.
https://www.iwanami.co.jp/book/b269505.html


 小学生のころに読んで以来の再読中のシリーズなのですが、この巻は結構覚えてました。好きなキャラが活躍するからでしょうか。スズメのチープサイドはドリトル先生の仲間たちの中でも特にお気に入りのキャラです。そのスズメの夫婦、チープサイドとベッキーの長い旅の話は思わず息を呑むものがあります。
 ドロンコ救出作戦で重要な役割を努めるワニのジムはほんとにお久しぶりですね。ワニの大群なんて想像するだに恐ろしいけど。ジップが作中で言ってましたが、ドリトル先生と一緒にいる限り安全、っていうのはほんとにそのとおりですね。
 ドロンコを無事救出したところでこの巻は終わり。下巻でどんな話が聞けるのか楽しみです。


角川つばさ文庫