文字を食べる

読書備忘録ブログです。

MENU

森雅裕『モーツァルトは子守唄を歌わない』

装丁:辰巳四郎

名探偵ベ-ト-ヴェン登場!乱歩賞受賞作.モ-ツァルトの子守唄の楽譜に彼の死の謎を解く暗号が隠されている!ベ-ト-ヴェンが弟子やシュ-ベルトを動員,名探偵ぶりを発揮する愉快な音楽史ミステリ-.
https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000172447


 あの有名なベートーヴェンが探偵役という異色? のミステリー。
 音楽に疎いので楽譜の暗号などはよくわからなかったのですが、それが気にならないほどおもしろかったです! 実在した有名人を小説で使うのって難しい気がするんですが、うまく料理されてるなあと思いながら読みました。ベートーヴェンと弟子のツェルニーの軽妙なやり取りがよかったです。キャラ像もなかなか親しめる感じでそれもよかった。音楽知識があったらより楽しめたのかも。
 調べてみたら、著者は他にもクラシックが題材の小説を書いているようですね。絶版で手に入りづらいみたいですが…。