文字を食べる

読書備忘録ブログです。

MENU

川又千秋『三百字小説』

 三百字小説、というタイトルにピンとくるものがあって手にとりました。タイトルがタイトルなだけに、収録されている話は300字以内に収められている、一息で読めてしまうものばかり。作者によると、300字が一番無理なく話が書けて読める字数なのだとか。
 そんなわけで、どの話もさくっと読めます。スキマ時間にいいですね。内容自体はそう珍しいものではないのですが、300字という限られた字数の中で、これだけの表現が出来るんだなあと感心しました。おもしろかった! 自分も300字小説に挑戦してみたくなりました。


 300字小説はコンテストなども行っているようです。
 ↓下のような創作支援サイトもありました。
 300文字小説作成装置