文字を食べる

読書備忘録ブログです。

MENU

竹井10日『彼女がフラグをおられたら 俺、この転校が終わったら、あの娘と結婚するんだ』

絵:CUTEG

主人公・旗立颯太は、ひょんなことから他人のフラグが「目視」できるようになってしまった高校生。転校したての颯太は、右も左もわからない環境の中で近づいてくるヒロインたちの「恋愛フラグ」をついつい折りまくってしまう。
https://kc.kodansha.co.jp/title?code=1000005883


 フラグが見える訳ありの少年が主人公のラブコメライトノベル。フラグが見える、という設定からか副題も愉快な感じで印象的。くすっとしました。死にそうな副題だ、は禁句ですかね。この方の本を読むのははじめてなので、地の文の独特さにはじめは驚きましたが、楽しく読みました。ボケとツッコミのテンポが良いですね。唐突に出てくる変な豆知識も私は結構好きです。でも、このノリは好き嫌いが分かれそうです。

 まだ1作目ということで、おおまかなことしか語られてないので、颯太の過去話や個々キャラの設定など気になるところ。今後の恋愛模様も気になります。茜ちゃん推しなのでしょうか。どの女の子も可愛いくて困っちゃいますね。そしてみんな優しい! ハーレム系なのに女の子たちがみんな仲良しなのも読んでいて楽しいです。ハーレム要員に1人男の子も混ざってますが、言われないと忘れますね。というか本当に男なのか疑惑があります。自分で言い張っているだけなのでは、みたいな。まあなんにせよ、可愛いことは良いことです。
 優しいキャラたちに囲まれて、颯太がどういう風に変化していくのか。次の巻も楽しみです。