文字を食べる

読書備忘録ブログです。

MENU

斧屋『東京パフェ学 パフェ123本を食べて考えた』

東京パフェ学

東京パフェ学

  • 作者:斧屋
  • 発売日: 2015/03/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

パフェ評論家・斧屋氏によるパフェの考察あれこれ。東京近郊で食べられる厳選76軒に加え、持ち帰りパフェ、コンビニパフェ、ファミレスパフェなどさまざまなパフェを紹介。
http://books.bunka.ac.jp/np/isbn/9784579212347/


 パフェ評論家なんてはじめて聞きました。世の中にはいろんな評論家がいらっしゃるんですね。マニアックだなあ。

 この本を読んだあとは必ずパフェが食べたくなること間違いなし。表紙からも察せられるとは思いますが、実においしそうなパフェの数々が紹介されています。(2015年出版なので、情報が少し古いかもしれません)
 独特な世界観にその造形美。パフェはエンターテイメントだと著者は書いてましたが、そのとおりかもしれない。著者のパフェに対する熱い思いがぎっしり詰まっています。

 不足しがちな果物をフルーツパフェでとる、という発想は思いつかなかったです。いいな、それ。おいしく健康に、って素晴らしい。東京のパフェを紹介した本、ということで東京に行きたくなりました。おいしそうなパフェがたくさん食べられて、東京っていいなあ。地元も探せばいろいろあるのでしょうか。

★パフェのレシピ本。おいしそう。

パフェの教本

パフェの教本

★パフェについての記事。画像たくさん。お腹がすきます。
ja.wikipedia.org