文字を食べる

読書備忘録ブログです。

MENU

百田尚樹『幸福な生活』

幸福な生活 (祥伝社文庫)

幸福な生活 (祥伝社文庫)

最後の1行がこんなに衝撃的な小説はあったろうか。
愛する人の“秘密”をのぞいてはいけない…
(引用元 http://www.s-book.net/plsql/slib_detail?isbn=9784396633660


 初めて読む百田作品。長編に有名な作品がいくつかありますが、短編の方がとっつきやすいかなと思って手にとった本です。おもしろかった!

 サスペンスだったりホラーだったり、いろんな傾向の短編が楽しめました。全体的にブラックユーモアあふれる感じ。特に宣伝文句にもあったように、最後の一言の台詞にぞくっとしたり、どきっとしたりしました。思わず、「怖っ!」と口に出してしまった短編もしばしば。一部どこかで見た展開のものもあったし、なんとなく予想がつくものもあったけど、最後の一言で状況ひっくり返すというか、謎がとけるというか、そういう構成がおもしろかったです。文章も読みやすく、短編集ということもあってさくさく読めたんですが、一つ一つじっくり読みたい本です。
  
収録作品
母の記憶/夜の訪問者/そっくりさん/おとなしい妻/残りもの/豹変/生命保険/痴漢/ブス談義/再会/償い/ビデオレター/ママの魅力/淑女協定/深夜の乗客/隠れた殺人/催眠術/幸福な生活
文庫版は「賭けられた女」が追加収録されているもよう。自分が読んだのは単行本なので未読です。

★単行本(リンク先は楽天

★漫画版

幸福な生活 (FEEL COMICS)

幸福な生活 (FEEL COMICS)