文字を食べる

読書備忘録ブログです。

MENU

優木カズヒロ『私と彼女と家族ごっこ』

小学校教師、鷹場季貴が教え子と駆け落ちし、転がり込んだ八十陰荘は変人の巣窟だった。さらにそこで、お互いのことを本当の家族だと思い込む現象が発生し――。偽りの家族が織りなす、不思議であたたかな物語。
(引用元 https://mwbunko.com/product/311894400000.html


 ロリコン教師とかわいい小学生とボロアパートのゆかいな仲間たちが家族ごっこをする話、と簡単にまとめてしまうと語弊があるというか、イロモノ感がすごいですね。

 教師と小学生の恋というと背徳感(ぶっちゃけると犯罪臭)がすごいのですが、2人ともいたって真面目な純愛でした。家族ごっことあるように、内容は恋愛というよりも家族の絆の方が強かったように思います。小学生の環姫ちゃんかわいすぎるので(しかも良い子)、アパートの面々がかわいがるのは無理ないと思う。
 それにしてもアパートの面々の個性が強すぎます。よくもまあこんな人たちが集まったもんだと思います。性格も生い立ちも変わってる人たちだったから、うまくいってたというのはやっぱりあると思いますが。それが、「家族ごっこ」によって、ばらばらになるわけで。
 思っていたよりもじんわりする話でした。いろんな家族があるんだとしみじみ感じました。