文字を食べる

読書備忘録ブログです。

MENU

恒川光太郎『夜市』

夜市 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

第12回日本ホラー小説大賞受賞作

何でも売っている不思議な市場「夜市」。幼いころ夜市に迷い込んだ裕司は、弟と引き換えに「野球選手の才能」を手に入れた――。直木賞の候補にもなったホラー大賞受賞作!
(引用元 https://www.kadokawa.co.jp/product/200801000457/


 ホラーだと知らずに読んでいました。
 表題作ともう一編の2話収録。どちらも幻想的な話でした。現代ファンタジー要素もあるような。民話の世界みたいでもある。ヒトではないものの存在とかもそうですけど、話の中に流れる静かな空気が好みでした。ホラー苦手はそんなに得意ではないですが、こちらはすっと読めました。

 「夜市」は結末にびっくりしました。そう来たか! って感じ。すれ違いっていうのか、やっと会えたと思えたら離れなくちゃいけなくて、寂しい兄弟だったと思う。「風の古道」はレンという登場人物がすごく印象に残ってます。まあキーキャラだし、当然といえば当然なんですけど。そういえば、どっちの話でも、失ったものは結局取り戻せてなかったなあ。そう上手くはいかないということなのか。でも、そんな単純な話でもないような気もします。いろんな葛藤もありますし。どちらも完全なハッピーエンドとはいえませんが、どちらの話も好きです。物悲しい余韻がまた良いなあと思う。