文字を食べる

読書備忘録ブログです。

MENU

矢口史靖『ウォーターボーイズ』

ウォーターボーイズ (角川文庫)

ウォーターボーイズ (角川文庫)

コメディーの旗手が贈る、ひたすら楽しく、最高に笑えて、最後に泣けちゃう、男のシンクロナイズド・スイミング映画の原作。監督のイラストも満載の豪華企画。
(引用元 https://www.kadokawa.co.jp/product/200105000453/

 映画の原作小説。ページの下すみにパラパラ漫画がついていて、なんとなくお得な気分になります。
 高校の水泳部に所属していたはずの男子がいろいろあってシンクロナイズドスイミングに挑戦する話。びっくりするやらおかしいやら。でも主人公達は真剣なのだからバカになんてできません。しかし、イルカの調教師すげー! なんだか大袈裟で、こんなことする人いないだろうというような表現もあるけれど、そこがまた面白かったりします。