文字を食べる

読書備忘録ブログです。

MENU

武田綾乃『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ』

装画:アサダニッキ
高校生が主人公。吹奏楽部。

北宇治高校吹奏楽部は、過去には全国大会に出場したこともある強豪校だったが、顧問がかわってからは関西大会にも進めていない。しかし、新しく赴任した滝昇の厳しい指導のもと、生徒たちは着実に力をつけていった。実際はソロを巡っての争いや、勉強を優先し部活を辞める生徒も出てくるなど、波瀾万丈の毎日。そんななか、いよいよコンクールの日がやってくる――。少女たちの心の成長を描いた青春エンタメ小説。
(引用元 https://tkj.jp/info/euphonium/


 京都アニメーションがアニメ化した際に気になった手にとった本。アニメを少し見てから読んだのですが、小説で省かれてる部分を結構アニメが補ってるんですね。部員たちの日常とか、葉月が塚本を好きになる切欠とか。小説だけだと、なんでだ? ってなる部分がちらほらあったので。話のメインじゃないからしょうがないところでしょうが。

 登場人物たちがなんだかとてもリアルに感じた。部活でのオーディションとか上下関係とか、ちょっとはらはらしながら読んだところも。この巻ではあんまり語られなかったけど、部員たち、特に先輩たちの人間関係は複雑そう。時折見られる、あすかの冷ややかな感じが普段の彼女と落差があって少し怖かった。続きの巻も出てるし、そこで語られるんだろうか。
 話のメインは吹奏楽部の部員たちの成長。メインとはちょっと外れるかもだけど、個人的に好きな場面はコンクールの演奏前の久美子と塚本のやりとり。あとは久美子と麗奈が友情を築いていく過程がよかった。最初が意地の悪いアレなだけに、ラストで麗奈が涙ながらに久美子に抱きつくシーンは印象的でした。おもしろかったです。