文字を食べる

読書備忘録ブログです。

MENU

似鳥鶏『まもなく電車が出現します』

まもなく電車が出現します (創元推理文庫)

まもなく電車が出現します (創元推理文庫)

  • 作者:似鳥 鶏
  • 発売日: 2011/05/29
  • メディア: 文庫

装画:けーしん
高校生が主人公。

芸術棟が封鎖され、困ったクラブや同好会が新たな棲処を探し始めた。美術部の僕は美術室に移動して、無事作品に取り掛かれるかと思いきや、美術部の領地と思しき開かずの間をめぐる鉄研と映研の争いに、否応なく巻き込まれてしまう。しかし翌日、その開かずの間に突如異様な鉄道模型が出現!? 表題作を含む五編収録の、山あり谷ありで事件に満ちたコミカルな学園ミステリ短編集。著者あとがき=似鳥鶏
(引用元 http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488473044


 シリーズものとは知らずに手にとった本。前作だかにあったという「壁男事件」が気になります。一体どんな事件だったんだ…。
 ちょっと残念ではありましたが、学園もの好きなので楽しく読めました! シリーズの前の作品を見てないせいか、人間関係がいまいち把握できなかったので、見るなら最初から見た方が良さそうです。単品でも十分楽しめましたけれど。

 ミステリ部分も良かったけど、やっぱり登場人物たちが良いなあと思いました。キャラたちのやりとり楽しい! 伊神さんが基本的に探偵役なんでしょうか。鍵開けならお任せって感じの人らしく、何者!?  って感じです。主人公の葉山くんはワトソン的なポジションだろうか。彼の推理は良いところをつくんだけど、核心には迫りませんね。それがいいのかも。こう、普通の感じが良いと思う。
 恋愛はあまり本筋とは関係なさそうだが、葉山くんと柳瀬さんは良いコンビですね。ミステリの中のちょっとした青春が良い感じです。学園内でみんな顔見知りというか、そういうキャラ同士の気安さみたいなのも良いなと思った。2話目の藤巻さんとミノくんの関係にちょっと萌えました。3話目の先輩はなんというかほんと自業自得で…。とりあえず「生きろ」と思ってしまいました。

収録内容

 まもなく電車が出現します
 シチュー皿の底は並行宇宙に繋がるか?
 頭上の惨劇にご注意ください
 嫁と竜のどちらをとるか?
 今日から彼氏

 それぞれの話のタイトルが面白い。あとがきで元ネタに触れられてましたが、なんか興味をそそられるタイトルです。