文字を食べる

読書備忘録ブログです。

MENU

清邦彦『女子中学生の小さな大発見』

女子中学生の小さな大発見 (新潮文庫)

女子中学生の小さな大発見 (新潮文庫)

  • 作者:清 邦彦
  • 発売日: 2002/07/30
  • メディア: 文庫

 日常には「科学」がたくさん潜んでいる。
 女子中学生たちの理科の研究レポート集。

内容

 静岡市にある私立の女子中学校。その1年生の生徒たちに与えた理科の課題の報告を教師である著者がまとめる。くすっと笑える研究レポート集。

 1つ1つ短く手軽に読めて、とてもおもしろいです。スキマ時間の読書にもおすすめ。
 微笑ましい生徒さんたちの素朴な疑問のほか、「その発想はなかった!」と思わず感心してしまう実験など内容は様々。ししゃもの卵の数を数えたり、猫の1日を追ってみたり、身を犠牲にして蚊に刺されてみたり…。なかには実験によって、家族の方に叱られちゃった子もいるようで。本人は真剣だったんだよなあ。ところどころにある生徒さん作(?)の挿絵も味があって可愛かったです。
 科学だろうか? という報告もあったけど、理科の楽しさがわかる本だと思う。報告に時々ついてくる先生の一言コメントも優しい視線が感じられていいなと思う。
 この本、科学の入り口になると思うし、小中学生には夏休みの自由研究のテーマの手がかりにもなりそう。そういえば、まだ自由研究の宿題ってあるのかなあ。